ナイトメア★チルドレン

f0220638_19164429.jpg





作者:藤野もやむ  全5巻 ガンガンWING掲載

無駄な話が一話もないまま綺麗なラストを迎えた、エニックス漫画の中でも屈指の名作。
読みきり作品のときから絵柄の可愛さに惹かれていたが、本格的に連載したらストーリー構成も上手かった。
最終話の最後のコマの温かい雰囲気と、それとは真逆を迎える結末の切なさ。
絵柄が合わない人もいるかもしれないが、内容は萌え系では決してないので気にするな。
5巻しか出てないから、見かけたらまとめ買いして一気に読んで欲しい作品。
この漫画を描き始めたときの作者、なんと16~17歳。すげえ。
[PR]
# by henga | 2012-10-29 19:20 | レビュー | Comments(0)

ZALMAN ZM-K400G

ヲチモノとか4Gamerで知ったので衝動買い。お値段大体3k円。
f0220638_10513554.jpg


続き
[PR]
# by henga | 2012-10-06 12:10 | レビュー | Comments(0)

遠距離攻撃・召雷の有用性

今回はハサハ(クラス2)とライザー、タケシーが使用できる、遠距離攻撃・召雷の有用性をPick up!!
ハサハは前衛ユニットとして有用なスキルも移動力もないので、MATK特化型の育成をしたものとして扱いますよ。

まずは遠距離攻撃・召雷の特性を箇条書き
・属性なし(多分)
・MATKに従って天井知らずに威力が上がる
・消費MPは10固定
・反魔の水晶で軽減されない(?)
・射程は3/3(?)/3(?) の単体指定

参考までに、Lv50、素MATK200(限界値)+銘刀ムラマサ(+3)+荒天華玉(+5)MATK208
23話フリーバトル大平原、初期位置付近の黒の旅団員(Lv29、HP130、大剣、MDEF60)
に対して、168ダメージ
現実的にこれ以上のステータスにはできないため、相手によるが大体150~160辺りが遠距離攻撃・召雷の限界値ということになる。
機竜ゼルゼノン(威力100、最大ダメージ300)や鬼龍ミカズチ(威力90、最大ダメージ270)
と比較すれば、有効範囲もダメージも微妙に見えてしまうが、それは相手が悪いというもの。
性能の近い、鬼神将ガイエンBランクの鬼神斬(威力30、最大ダメージ90、消費MP25)
と比較すると、威力:約1.86倍  消費MP:2/5  射程:同じ(多分)
というハイスペックを超える厨スペックなのがおわかりいただけるだろう。
MP1辺りの威力は、鬼神斬:3.6  遠距離攻撃・召雷:16.8。実に4.67倍のダメージ効率
鬼神斬自体が威力・消費MPの比的に非常に優れた召喚なので、
それをはるかに凌ぐ性能、それが遠距離攻撃・召雷。
しかも相手に鬼属性耐性があろうが、反魔の水晶に囲まれていようとも関係なしに通常ダメージ。
すげえぜ、遠距離攻撃・召雷!!
※コメで指摘を受けて検証した結果、反魔の水晶でおもいっきり軽減されました

ちなみに、ダメージを168とした際、MP消費を度外視してこの威力を超えられる召喚は

ヘキサアームズ:ネオインパルス(3/3/3、威力80、最大ダメージ240、単体) 消費MP90
機竜ゼルゼノン:バベル・キャノン(5/3/3、威力100、最大ダメージ300、大範囲) 消費MP120
鬼神将ガイエン:真・鬼神斬(4/3/3、威力70、最大ダメージ210、単体) 消費MP60
鬼龍ミカヅチ:牙龍天聖(5/3/3、威力90、最大ダメージ270、大範囲) 消費MP110(※88)
レヴァティーン:ギルティブリッツ(5/3/3、威力80、最大ダメージ240、大範囲) 消費MP100
アシュタル:深淵の王(4/2/6、威力70、最大ダメージ210、3列5マス) 消費MP90
ゲルニカ:フレアボルケイノ(4/4/2、威力60、最大ダメージ180、大範囲) 消費MP80
エイビス:シーエクスプレス(5/0/8、威力70(※強)、最大ダメージ210(※強)、大範囲) 消費MP110


全部Sランク召喚。絢爛たる顔ぶれ。Sランク級の価値がある攻撃、それが召雷。
ということで、皆もっとハサハ使お。ライザーとタケシーはステ振り分けできないので却下だ!
[PR]
# by henga | 2012-09-16 21:42 | ゲーム | Comments(2)

サモンナイト2ユニット談義

名前の横の英字は(高評価)S-A-B-C--D(低評価)。暫定。
前衛はAT特化or壁用育成、召喚師はMATK特化育成前提。

つづき
[PR]
# by henga | 2012-09-11 22:44 | ゲーム | Comments(0)

ドームチルドレン

月刊少年ガンガンといえば、何の作品を思い浮かべる?
こう聞かれたら、年の若い人なら『ソウルイーター』もしくは『鋼の錬金術師』と答える人がほとんどだろう。
俺がガンガンを買わなくなる寸前に連載が始まったハガレンが、
今やガンガン史上屈指の知名度と人気を獲得しているのは時代の流れを感じる。

さて、冒頭の問いへの俺の答えは、記事の題名にもなっている『ドームチルドレン』。
地球が核に汚染されてから50年が経過した世界、放射能が広まる前にかろうじて
生活補助機能を内包した核シェルター「ドーム」に逃げ込んだ人類の末裔の
日常と苦悩、葛藤を描いた作品。
言ってみれば、暴徒のいない北斗の拳みたいな世界設定。
元々はガンガン主催の漫画大賞コンテストに応募され、栄えある大賞に選ばれた
一話限りの読み切り作品で、それを連載した形になる本作。

ストーリーを大雑把にまとめると、以下の通り。
1.外界の汚染度が下がったため外に出るも、世界は荒廃したままだった
2.少しずつ外の世界を調査していこう
3.自分たち以外に生き残った人類を見つける
4.通信機が偶然繋がって、遠い場所の生き残りと交信
5.ドームの電池切れそう、ヤバい俺らマジやばい
6.交信していた生き残りのいる場所は土壌が豊からしい、皆で行こう
7.年寄り(年長組)はドームに残る。あとは若い世代の仕事
8.エピローグ


俺が一番好きなのが最終話。
リンク先の画像の、一番下側のおばさんと少年の会話シーン。
最終話のほとんどは、主人公の母であるジェシカが、ドームを旅立っていった息子のしんたと
通信機を使って交信し、お互いの近況をやりとりするという場面で占められている。
画像は途中で終わっているが、リンク先のサイトの人が書いてるように、ここからの涙腺攻撃が本番だ。
この先も書いちゃうけど、一応ネタバレだから隠すわ。

つづき
[PR]
# by henga | 2012-01-20 21:44 | レビュー | Comments(2)