<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ドームチルドレン

月刊少年ガンガンといえば、何の作品を思い浮かべる?
こう聞かれたら、年の若い人なら『ソウルイーター』もしくは『鋼の錬金術師』と答える人がほとんどだろう。
俺がガンガンを買わなくなる寸前に連載が始まったハガレンが、
今やガンガン史上屈指の知名度と人気を獲得しているのは時代の流れを感じる。

さて、冒頭の問いへの俺の答えは、記事の題名にもなっている『ドームチルドレン』。
地球が核に汚染されてから50年が経過した世界、放射能が広まる前にかろうじて
生活補助機能を内包した核シェルター「ドーム」に逃げ込んだ人類の末裔の
日常と苦悩、葛藤を描いた作品。
言ってみれば、暴徒のいない北斗の拳みたいな世界設定。
元々はガンガン主催の漫画大賞コンテストに応募され、栄えある大賞に選ばれた
一話限りの読み切り作品で、それを連載した形になる本作。

ストーリーを大雑把にまとめると、以下の通り。
1.外界の汚染度が下がったため外に出るも、世界は荒廃したままだった
2.少しずつ外の世界を調査していこう
3.自分たち以外に生き残った人類を見つける
4.通信機が偶然繋がって、遠い場所の生き残りと交信
5.ドームの電池切れそう、ヤバい俺らマジやばい
6.交信していた生き残りのいる場所は土壌が豊からしい、皆で行こう
7.年寄り(年長組)はドームに残る。あとは若い世代の仕事
8.エピローグ


俺が一番好きなのが最終話。
リンク先の画像の、一番下側のおばさんと少年の会話シーン。
最終話のほとんどは、主人公の母であるジェシカが、ドームを旅立っていった息子のしんたと
通信機を使って交信し、お互いの近況をやりとりするという場面で占められている。
画像は途中で終わっているが、リンク先のサイトの人が書いてるように、ここからの涙腺攻撃が本番だ。
この先も書いちゃうけど、一応ネタバレだから隠すわ。

つづき
[PR]
by henga | 2012-01-20 21:44 | レビュー | Comments(2)

俺の嫁

ネットではこの言い回しがある程度広く認知されていると同時に、
にわかが比較的最近ハマり出したキャラに対して、
だれかれ構わず使っている軽い言葉、という印象が強い方もいるのではないでしょうか。

対極的なのかそもそもベクトルが違うのか自分では判断しかねますが、
僕は好きになった人やキャラは、長い間好きでい続ける方です。
f0220638_17148.jpgホリィさん(モンスターファーム1)







f0220638_19492.jpgアティ先生(サモンナイト3)










辺りは知ってから5~10年経ってますが、いまだに俺ランキングTOP10入り確定状態。
逆に言えば、それぐらい好きになれるキャラじゃないと、そもそもパッと浮かばないんですよね。
だから、ヤス(うp主)の"ゆくヤスくるヤス"で108人も挙げれるのはすごいと思うんです。
で、まだ知ってから一年も経ってないので確固たる自信があるわけではないんですが、
多分アイマスの響もその中に入ってくるだろうと思ったんですよ。
ただそれだけを書くためだけの記事なんですけどね。オチも何もなく。
[PR]
by henga | 2012-01-04 01:16 | 日常 | Comments(2)