カテゴリ:日常( 9 )

Mouse was dead

マウスとキーボードというPCの中でも特に触る時間の長い2種類の製品は、ある時期まではの時代だったように思う。
有名メーカーも新興メーカーも、俺が覇権を握るんだと言わんばかりに奇抜な意欲作を投入していたが、それも今は昔。
熱が冷めたのか商業的に振るわないのか、ここ最近のマウス・キーボード界隈は平々凡々な凪のような落ち着き具合だ。

特に熱かったのはいつ頃だろうか。
マウスは5ボタン(左クリック、右クリック、ホイールクリック、ホイール上、ホイール下)を基本として、
サイドボタンを2つ配置した7ボタンマウスが登場し、そのうちにチルトホイールを搭載した9ボタン型も出てくる。
そしてRazer Nagaのように親指側に複数のボタンを配置した、多ボタンマウスも顔を出し始める。
デバイスメーカーも特にPCゲームのためにボタン数/キー数を増やして、左右の手の操作割合を高められるようにしていた。
この時期はまさにマウス・キーボード戦国時代
新旧幾多のメーカーが意欲作や、定番モデルをベースにした発展型を開発・販売していた華やかな時であったと言えるだろう。
ゲーミングマウスでありながら有線/無線の両方に対応したManbaなんかも、当時としてみれば画期的なコンセプトだしね。

風向きが変わったと感じるのは、マウスやキーボードが本格的に光りだすようになった頃。
やたらとが取りざたされるようになりだし、妙に値段の高い光る製品が出てくるようになってきた。
当時の俺は発光ブームに興味が無く「光ってもゲーム等々には何も影響ないし値段も高いし、すぐ廃れる旬の短い流行やろ」と考えていた。
しかしいまだ、そのブームは続いている。
有名メーカーの製品は当然のように1万円を超える値段が付けられ、どこかでみたような形やスペックをした光る奴らが生み出されている。
なにこれ?俺みたいに興味のない人間のために、光る機能とっぱらってプライスダウンしたバージョンも出せよ。

今のマウス/キーボード界隈は死に体と化しているように思う。
機能部分での革新を起こせないまま、とりあえず最新スペックで、廃れかけてる流行にあわせた製品を出している感が否めない。
やれdpiが8400だぜ、いやいやウチは11400だよ、とスペック上の数字を競っていたり、ボタン数が限界突破していたり、
暗に「ウチの製品は他よりこんなに凄いんだぜ!!」と言わんばかりのギラギラしたコンセプトが何も感じられない。
「センサー/スイッチは最新のアレです。1677万色の発光パターンがあります。安定の多ボタンです。キーカスタマイズ対応です」
そんなやる気のなさそうな製品出してんじゃねえよ、でかい野心はねえのかよお前らには!!
と言いたくなるような体たらく。
とは言いながらも、技術革新なんて簡単には起きないのはわかるし、大体にしてそういう野心作って最初は評価が芳しくないんだけども。
出始めの奇抜なものや変化を嫌う保守的な層って結構いるからね。
そういったいくつかのハードルを越えないとブレイクしないし、売れなきゃ敗戦。厳しい界隈だぁ。

[PR]
by henga | 2017-06-08 00:12 | 日常 | Comments(0)

少年ガンガン

小学校~中学末期までの俺の愛読雑誌でした。
周りの友人はジャンプ派が多い中、頑なにガンガンを読んでいたこの頃。
当時はジャンプ作品の面白さがあまりわからなかったと同時に、当時の少年誌と比較すると少々異色なこの雑誌に惹かれていたんだと思います。
しかし、初期~中期の作品は今でも思い出せるのに対して、購読をやめる頃の作品の印象がとにかく薄い。
初期作品への想い出補正かなぁなんて自己完結していたところ、こんなサイトを見つけました。

たかひろ的研究館-エニックス系コミック総合サイト-

エニックス系の雑誌に関する様々な評価や考察が載っているサイトの、少年ガンガンに関するページです。
中段以下の《企画記事》の中の少年ガンガンの歴史という記事を読んでいて、抱いていた違和感に納得。
このサイトの文章自体が整然とまとまっているのもありますが、文章として見ると、
当時感じていたガンガン作品の魅力とか後期の違和感といったものが、感覚だけでなく理屈として腑に落ちました。
どことなく中性的で、所謂少年系でない作品が多い
それぞれの作品のジャンルや世界観が多彩でバリエーション豊富
漫画ごとの方向性がバッティングしていない
ゲーム原作ものを描く作者の実力があり、内容もオリジナリティ豊富
このへんは納得納得アンド納得。
そして、(5)から(6)以降のエニックスお家騒動に絡んだガンガンの低迷理由も、少なくとも当時読者だった俺からすると
非常に納得いく考察だった。

雑誌だけでなく作品単体ごとのレビューなんかも載っていて、ここの管理人のエニックス雑誌・作品への情熱が垣間見えるすごくいいサイト。
いいモン見つけちまったぜ、へっへっへ。
[PR]
by henga | 2015-08-30 23:02 | 日常 | Comments(0)

2015年

西暦で2015、平成で27っていうすっげーわかりづらい年になりました。
正月休みの期間やったことといえばモンハンかギター弾くか、そんなところです。

今年は出費を抑えたいです。
去年も同じこと言いましたが、実際は抑えられてません。貯金順調に減ってますし。
はやく自由になりたいです(金銭的な意味で)
[PR]
by henga | 2015-01-04 20:26 | 日常 | Comments(0)

中学以来の卓球熱

f0220638_21122556.jpg

ぼくは形から入るタイプなので、ラケットの木肌が一番かっこよかったSTIGA ローズウッドNCT Ⅴ(写真左側)を最初に購入。
エバンホルツもかっこよかったけど、ギターやってる人間としてはローズウッドの方が身近で親しみがある。
STIGA オールラウンドクラシック(写真右側)は以前から欲しかったんだけど、来月値上げするというのを聞いて購入に踏み切る。

現役だった中学時代は、ラバーが最初から貼り付けてある安物を使い続けてた糞プレイヤーなので、ラバーで何がどう変わるかわからんちん。
ので、バランスの良さそうなButtefly スレイバーELを両面張って、打っていて足りないと感じた部分をラバーを変えて補う形にした。
オールラウンドクラシックは両面XION ヴェガプロ。理由は同上。

もう一本Nittaku サナリオンSもあるけど、これは無理やり引き込んだ友人用にする予定。
ラバーは両面Nittaku アルフィール。かなり軽量なので、長く持っても手が疲れにくい。

意外に運動量あるからええ運動やで。
[PR]
by henga | 2014-01-18 21:33 | 日常 | Comments(0)

新年が明けました。

これもう(獄卒何年目か)わかんねえな。
昨年は欲しいものをガンガン買った結果、貯金の減るペースが予想外に速かったので、節制の年にしたいと思っています。
今年は液晶もマウスもキーボードも買う予定はないし、冬のボーナスで計画していたオーダーメイドのギターも結局買ってないしで、出費の予定は少ないはず。
いや待てよ、今年車検だ。消費税も8%になるんだ。スーパーのレジとか経理のシステムとか大変だな。
しかも来年には10%になるんでしょ?システム改正大変ってレベルじゃねーぞ。その手の人は頑張ってください。


で、欲しいものを色々買った結果思ったことは、安物買いの銭失いってマジだなってこと。
スピーカーとか4年ぐらいに前に奮発して買った奴がいまだに現役で配備されてるし、PCは1年ちょっと前に買ったけど後4年は楽勝で使える。
一方、明確な目的もなく『安いから』とか『よくわかんないけどよさそう』みたいに買った微妙なアイテムは保存庫で眠ってる。
何年もしっかり使っていくものは、初期投資が高くなるのには目をつぶったほうが将来的にはいいんじゃないだろうか。


今年はアマゾンのダンボールが届く頻度を半分ぐらいにしたいと思います。
皆様今年も良いお年を。
[PR]
by henga | 2014-01-05 11:24 | 日常 | Comments(2)

環境

f0220638_12153431.jpg


:ASUS VG248QE
144Hz駆動の液晶。144Hz液晶の中では比較的安くて大きさも24インチと扱いやすいサイズ。
60Hzと比べるとすべてがぬるぬる。マウスカーソルが動いてる時の滑らかさが違う。
FPSにおいては、ぬるぬる動くことで全ての動きが10%ぐらいゆっくりに見える。PMでダッシュ時、「走るのちょっと遅くなってね?」って思ったぐらい。
その分撃ちあいで当てやすいけど、60Hz液晶でも上手い人は上手いので、結局中の人のレベル次第だと思うな。


:LG電子 W2243T
学生時代、値段の安さに惹かれて衝動買いした液晶。
台座が不安定だけど倒れたりはしないし、21.5インチあるから不都合はないのでサブモニタなう。
VG248QEと比べると、同じものを表示させても少し色褪せてる感じ。


:DHAMAPOINT DRTCM03
サイドボタン二つあってチルトが付いててサイズが小さめ。神。MMOからFPSまでどんとこい。
2011年11月から使い始めて、今のところ何一つ問題なく運用できているせいで、断線や不具合報告の多さにびっくり。
ストックあと二つしかない。長持ちして欲しい。


:FILCO ExcellioLiteMomo USB 109キー
安価なパンタグラフ式キーボード。押下げ幅が小さいし打鍵音も静かで使いやすい。
めぼしいキーボードがなければ次もこれを買って使う予定。


:Creative EP-630
実売1500円ぐらいのカナル型イヤフォン。バランス良くて素直な音が出て、低音も結構ある。
音楽からFPSまで幅広く使える。今の俺の環境だとATH900より聞こえて困惑してる。


:ベリンガー XM8500
安価な割りに性能は良好。ただ、単一指向性なのに7mぐらい離れてる俺の家族の声が割と入る。
楽器の録音にも割りと使えるレベルだと思うけろ。


:MSW-01
スピーカーとイヤフォン(ヘッドフォン)をワンプッシュで切り替えられる便利さん。
結構接触不良が起こりやすいっぽく、今俺が使ってるのは二代目。
ボタンを押して切り替えると、左右どっちかしか音が出なくなる。ボタンをぐりぐりいじれば直るので、ボタン部分が弱いのかな。
PC直挿しと比べると音量も少し抑え目になる。両方使う場合はマジ便利。


: オーディオテクニカ AT-MA2
定番マイクアンプ。囲炉裏マイクはノイズきついんでこれ通すだけでずっと使いやすくなる。
ノイズは少ないけどPCに入る音量が小さすぎる場合もこれで解決するんじゃねえかな、よくわかんねえけど。


:Razer Goliathus Fragged Omega Speed
ステッチ加工で端からめくれる心配のない安心マウスパッド。
滑り心地も滑らかで着地音も静か。最近行われたマイナーチェンジで柄が(個人的に)ダサくなった。


:DHAMAPOINT DRTCPW30S
ちょっと大き目のダーマの布マウスパッド。着地音とソールの接触音がRazerのよりうるさいので、下敷きになってる。
RazerでAIMの調子が悪い時とか、その日の滑りが何か不満だったらこっちに切り替えて使う感じ。
[PR]
by henga | 2013-10-05 16:53 | 日常 | Comments(0)

ブログとは

最近あまりタイピングをしていない、文章を書いていないので、たまにはちょっとした長文を書こうと決意して今机に向っています。
いや、この記事を打ち始める前からずっと机の前にはいたんですけどね。
このブログも前回の記事から何日経過したのかわかりませんな。
書くことがないと滞りますわ。これは仕方ない。芸能人とかが延々とブログ続けられるのって、
コメントとか拍手で反応があるから、ってこと以上に自分の食い扶持の一つだからというのがあると思いますよ。


獄卒ではツクール企画が始まっていて、ツクール2000体験版、もしくはウルフエディタ(?)で
ワンプレイ30分ぐらいの作品を作って投稿しようぜ!というのが進行しているのですけども、
俺はツクールにちゃんと触れたことが無く、作品自体を完成させたことなど無いので
一応取り掛かってはいるけど、多分完成までもっていけないんじゃないかなーと思っておりますです。
最初に二つ大雑把なのを考えていて

1.サウンドノベル
画面全体に半透明の黒フィルタみたいのをかけ、枠無しで文章が表示されていく形式。
キャラの大きな動きは画面上に配置したキャラを動かして、細かい動作は文章による描写と効果音で表す。
適当な間隔をあけて選択肢が出て、その選択如何で最終的な結末が変わるっていうのを最初に考えた。

2.選択肢選んで育成型
自分の職業(仕事的な意味の方)が魔王で、その役割は「勇者に勝たせる」こと。
魔王は玉座から動かず、手下に指示を出してモンスターを勇者に送り込み、Lvを上げさせる。
何度か繰り返すうちに勇者は結構強くなって魔王の所に到着、戦闘。
勇者に自分を倒させるまでがワンプレイ。
構想としては
-----------------------------------------------------
手下「今日はどのモンスターを送り込みますか?(残り9回」
A:スライム(勇者の勝利確率:98% 勝利時の能力上昇:少 落とす金額:少
B:コボルド(勝利確率:75% 能力上昇:中 金額:高
C:リザードナイト(勝利確率:43% 能力上昇:高 金額:中
D:デーモン(勝利確率:12% 能力上昇:最高 金額:少
              ↓選ぶ
勇者視点で戦闘に入る or 確率通りの判定を内部でさせる
              ↓
勝利してLvアップ、獲得金額で装備強化される or 勇者敗北でGame over
              ↓
能力上昇や送り込む残り回数によって、選択肢のモンスターのラインナップや勝利確率が変動
              ↓
送り込むモンスターの選択

これを繰り返して、規定回数送り込んだ後はイベントで勇者が自分(魔王)の所にやってきて戦闘。
どのぐらい苦戦させたうえで魔王が負けたかによって、魔王としての巧みさが評価される。
残HPと生存頭数でED分岐しちゃったりして。

A:勇者達のHPを瀕死まで削り、且つPT全員生存状態で負ける。
B:HP瀕死まで削り、何人か戦闘不能(死亡)で負ける。
C:そこそこ削って負ける。
D:ほとんど削れずに負ける。これが本当に魔王かと疑われて終わり。
E:魔王が勝利しちゃう。創造主的な上司に罵倒されてBAD END
---------------------------------------------------------------
こんな感じで考えたけど、実現できる気がしない(。◕ˇωˇ◕。)
まあいいよね、考えるだけタダだよね。
[PR]
by henga | 2013-05-03 18:27 | 日常 | Comments(2)

俺の嫁

ネットではこの言い回しがある程度広く認知されていると同時に、
にわかが比較的最近ハマり出したキャラに対して、
だれかれ構わず使っている軽い言葉、という印象が強い方もいるのではないでしょうか。

対極的なのかそもそもベクトルが違うのか自分では判断しかねますが、
僕は好きになった人やキャラは、長い間好きでい続ける方です。
f0220638_17148.jpgホリィさん(モンスターファーム1)







f0220638_19492.jpgアティ先生(サモンナイト3)










辺りは知ってから5~10年経ってますが、いまだに俺ランキングTOP10入り確定状態。
逆に言えば、それぐらい好きになれるキャラじゃないと、そもそもパッと浮かばないんですよね。
だから、ヤス(うp主)の"ゆくヤスくるヤス"で108人も挙げれるのはすごいと思うんです。
で、まだ知ってから一年も経ってないので確固たる自信があるわけではないんですが、
多分アイマスの響もその中に入ってくるだろうと思ったんですよ。
ただそれだけを書くためだけの記事なんですけどね。オチも何もなく。
[PR]
by henga | 2012-01-04 01:16 | 日常 | Comments(2)

うるせえ!のもう!

のもー!うおー!
のむぞー!!!
[PR]
by henga | 2011-12-21 20:18 | 日常 | Comments(2)