Ruina 廃都の物語

久々にフリーゲームをプレイしたら、おもっくそハマったので久々にブログにログインしました。
多分フリーゲームのRPGをプレイしたのは、サトピカ2以来じゃなかろうか。
評判のよさからDLしていたけど手付かずだった、Ruina 廃都の物語の小学生並みの感想を書きます。





●ストーリー:★★★★★
ゲームの冒頭、冒険の始まりは些細で唐突なものでありながら、そこから徐々に徐々に展開していく、重厚な背景設定に支えられたストーリー。
ゲーム内の古文書や文献などの読み物は、それ単体でも読んでいて面白く、且つその内容がゲーム攻略のための重要なヒントとして機能している巧みの技。
情景がありありと思い浮かべられるような、非常に豊富な語彙から語られる物語は小気味良く、ほぼ文章のみによる進行なのを忘れるほど。
舞台となる街や周辺地域の勢力図や抗争の内容など、ストーリー進行にはほぼ関係のない設定までもが凝っている。


●キャラクター:★★★★☆
どのキャラも一癖あり、スキル・性格共に一見で特徴をつかめるキャラ付けをされている。
各々職業や特徴に合った探索スキルを所持しており、組み合わせで悩むのもまた楽しい。
主人公自身は喋らないタイプだが、選択肢で行動を選ばせる場面が多く選択肢自体も多彩なので、自分主導で進めている感覚が非常に強い。


●プレイ感:★★★★★
RPGで飽きる・鬱陶しい要素である「LV上げ」と「ダンジョンは最初から最後まで歩かされ、その間エンカウントあり」という部分を徹底的に排除した作り。
戦闘で得る金とEXPは微々たるもので、イベントが起こるたびに入るEXPがメインの稼ぎ部分。
物語を進行させるほどEXPが入る→探索が楽になる→更に探索が進む、という好循環を形成している。
一度歩いたマップは完全にスルーすることも可能。逆に再度調べることも可能なので、マップ移動のストレスは皆無と言っていい。
雑魚戦が好きな狂戦士タイプの人には物足りないかもしれないが、ボスは結構歯ごたえのある強さなので、戦闘を楽しむのはボスでどうぞ。
状態異常がボスにも通りやすく、絡め手をうまく利用した戦略を組めるので、トリッキーなキャラがボスで腐るということもない。
状態異常のプロ的キャラがボス戦で腐るRPGが多い中、こういう方向性は非常に好ましい。
主人公が4タイプいるが、物語中それぞれに専用ルートが用意されているので、同じストーリーを見るのはなぁ・・・という周回プレイのジレンマも少ない。


●難易度 初回プレイ:★★★★☆  二週目以降:★☆☆☆☆
主人公のタイプにもよるが、基本的に初回プレイは結構難しい。
二週目以降は各ポイントの最適解、必要な装備等が把握できるため、一気に難易度は下がる。
だがサクサク進行する事で得られるボーナス等もあるため、サクサクプレイによる楽しみ・メリットもある。


●総合:★★★★★
TRPGをより親しみやすく、よりプレイしやすく、RPGツクールで仕上げたという感のある名作。
文章で進むのが苦手、という人以外には広くオススメしたいゲーム。
絵柄が若干色あせた感じなのがまた世界観にマッチしていていい。色数も抑え目で薄めの色主体であるため、目にも優しい。
ガチで名作。
[PR]
by henga | 2014-10-26 00:21 | レビュー | Comments(0)
<< MH4G 操虫棍最終強化時点での評価 Kone pureの使用感想 >>