ブリッジの部品換装

f0220638_2353629.jpg

経年劣化が半端なかったんで、赤丸で囲んだ部品を取り替えてみた。
取替え前のインサートブロックは1~6弦全てサドルから出てこないという体たらく。7年モノだしなこのギター。サビサビやぞ。
ステンレスナットスクリュー×3、チタンインサートブロック×6、純正ブリッジサドル×6、ステンレスストリングスクリュー×6へと換装。

弦はエリクサーのアンチラスト ポリウェブ009-042。
ナノウェブと比べると、コーティングが厚めなぶんフィンガーノイズが少ないらしい。あと音質も変わるとか。
弦張りが過去最高の出来栄えで、チョーキングが非常にしやすい柔らかさに仕上がった。
いつもこうだといいんだけど、大体毎回硬くて指を痛めてる系男子。何年経っても弦張り下手なのよね。

清掃ついでにフロイドを全部バラしてオイルで磨いたら、輝きが戻ってきた。
6万5千年放置した太陽石のようにな。
同時にフロイドの構造を理解できたので、スタッドスクリューやボディが破損しない限りは自前で修正できそう。
今日の組み立てはとても楽しかったです、まる。
[PR]
by henga | 2014-02-07 00:05 | 音楽 | Comments(0)
<< フリーゲーム:サト×ピカRPG2 中学以来の卓球熱 >>