DRTCM03

日本人の体格や体系にあわせた商品を送り出しているデバイスメーカー、ダーマポイント。
以前使っていたDHARMAPOINT DRM26のサイズがジャストフィットだったため、
今回再販のはこびとなった、ほぼ同サイズのこの製品にはかねてから期待を抱いておりました。

f0220638_1955755.jpg













・握った感想
長さはDRM26と大差ないものの、思った以上に背が高い。
DRM26は高さ39mm、DRTCMは42mmと、その差3mm。
思った以上に大きく感じるけど、各種ボタンに指を伸ばすのがキツいというほどではないので許容範囲。
サイド部分はドライサンドという加工をされていて、ザラザラとしていて滑らなくなっている。
親指と小指でマウスを支え、他三本の指をメインボタンに乗せる持ち方、
クロウグリップとかいったかな。あの持ち方をした時のグリップ感は特筆に価する。
サイドの窪みに小指が絶妙にフィットし、MODEにも触れないので誤爆の心配もナシ。
メインボタン二種類を別の指で押し分けられ、チルトを含めたホイール操作もほぼこなせる。
ホイール操作に結構な力がいるが、慣れたらこのマウスの機能をほぼ100%引き出せるんじゃないだろうか。


・ボタン回りの感想
左右クリック、サイドボタン共に音がソフトで、現在使用中のEC2よりも少し静かに感じる。
右サイドについているMODEボタンは、一般的な日本人サイズの手の大きさでは使いこなせない。
誤爆してマウスの使用感が変わることうけあいなので、通常使用にあたっては割り当てしないことを勧める。
IE3.0やDeathadderのように大きめのマウスを握るのが苦でない豊かなサイズの手を持つ人は、
もしかしたら有効活用できるかもしれないが、少なくとも俺の手では無用の長物。


・ホイール回りの感想
ホイールは幅が細く、刻みがないタイプ。回す感覚は非常に軽快だが、ノッチは適度にあるので
多く回しすぎちまった!ファック!のようなことはないと思う。
チルトはほんの少し固く、意識せずホイールを操作して誤爆してしまうようなことはなさそう。
チルト搭載の弊害か、ホイールクリックがかなり固く、結構力を入れないと押し込まれない。
ここだけマイナスポイント。チルト機能とMODEボタン外した別系統も作ってくださいお願いします。


・滑り具合
重量の差が影響しているのか、手持ちのEC2よりも少し滑りがいい。


・耐久性
定評がない部分。ダーマの製品で俺が一番不安な材料。
値段が劇的に下がったので買いなおす際の躊躇が減ったのは素晴らしい。
使い続けてみて使用感がよかったら、二、三個予備を注文しようと思っている。
レビューでよく言われているのは、ケーブルの断線とホイールの故障。この二つが怖い。
壊れませんように、壊れませんように、壊れませんように…。



総じて使いやすそうではあるけど、ホイールクリックが重いのが現状唯一のマイナス。
手持ちのMicrosoft インテリマウスエクスプローラーも滅茶苦茶固かったから、
DRTCM03に限らず、チルトホイール搭載マウスの特性なのかもしれない。
兎にも角にも、これだけの機能を日本人向けのサイズに納めてきたというのが素晴らしい。
受入・再販してくれたクラスト社に、俺は感謝の気持ちをこめて足を向けて寝ますzzz
[PR]
by henga | 2011-11-24 19:58 | レビュー | Comments(0)
<< うるせえ!のもう! Razer Orochi >>